仲介会社からのこまめな報告や連絡はありますか?

2021年02月13日

仲介会社からのこまめな報告や連絡はありますか?

報連相
皆様こんにちは。
不動産売却専門店グッドスマイル不動産
の加藤です。 

報連相という言葉、誰しも仕事をする上でよく耳にされるかと思いますが、これってプライベートも含め人と人との繋がりや信頼を育む大切なコミニュケーションではないでしょうか。
今回は、先日ご依頼頂いた売主様とのお話しの中であまりにも驚くことがありましたのでそちらをご紹介します。

定期的な報告義務

以前の記事で、不動産を仲介で売却する際に必要な媒介契約についてご紹介しましたが、そのうちの専属専任媒介契約と専任媒介契約には売主様への定期的な報告義務が設けられています。
これにより売主様には下記頻度でお手元に報告書が届くことになります。 
 
専属専任媒介契約:1週間に1回以上
専任媒介契約:2週間に1回以上
 

内容に関しては、
どのような販売活動、広告活動を行っているのか
資料請求、電話などの問い合わせは何件あったのか 
現地案内は何件あったのか
など、売主様ご自身が現在の自分の物件がどういう状況なのか、市場ではどのように受け止められているかが分かる資料となります。

進捗状況の把握

ただ、報告書の提出が義務なだけであり、それ以外にも様々な進捗があればそれに関して報告・連絡・相談することは当然のことかと考えられます。
 
例えばですが、空き家状態の物件の売却をご依頼いただく際は、鍵を不動産会社にてお預かりして保管することも多くあります。
その際、内覧の問い合わせが入れば当然日時をお伝えし、内覧が終わりましたら結果報告をします。
売主様の大切な物件をご案内させていただくわけですから、勝手に案内をして報告書にのみ記載をしておくなんてことはまず常識的に考えられません。
空き家とはいえ、知らない内に自分の家に他人が入ってるなんて良い気分はしませんよね。
また内覧の結果がどうであれ、その理由内覧者の購入意欲・状況などを可能な範囲で売主様にお伝えすることが次に繋がる行動だと思います。
そうでなければ、売主様はなぜ売れないのかどのような対策を取れば良いのかなど何も分析が出来ないままただ時間だけが過ぎていくことになってしまいます。 

上記のようなことが、今回ご依頼いただいた売主様の身に起こっていた事実です。
もしあなたがこのような状況であれば、今後のお付き合いも含めて検討する余地があるかもしれませんね。 

コミニュケーションの大切さ

また、私自身は、定期報告の書面だけでなく、こまにお電話やメールにてご挨拶やご報告、直接お話しすることを心がけております。
やはりどこまで行っても人と人との繋がりですから、そうしたコミニュケーションを大切にしていき、売主様が今どのような状況なのか、どのようにお考えなのか、どんな点が不安であるのかなどをお気軽にご相談していただけるような関係でありたいと思っております。
 
不動産を売却するには、売主様と仲介会社が協力していくことが必要です。
そのための適切な提案力と報連相を徹底し、売主様の不動産売却に全力でお力添えをさせていただきます。

我々グッドスマイル不動産は、売主様の味方です!!     



不動産のご売却をお考えのお客様は、北名古屋市はもちろん、豊山町、清須市、あま市、名古屋市のお客様もぜひお気軽にお問い合わせください!


ご相談・査定・お見積り無料で行っております!

★☆不動産のお悩み、ご相談は北名古屋市不動産売却専門店のグッドスマイルへ☆★

《お問い合わせ》はコチラから!

《会社案内》についてはコチラから!


グッドスマイル不動産株式会社

【住所】愛知県北名古屋市九之坪宮浦38 メゾン一丁地103号

【TEL】0568ー40ー0081

【FAX】 0568ー40ー0082

些細なご相談でももちろん構いません!お問い合わせ、ぜひお待ちしております!
 
ページの先頭へ